更新情報
ニュース

日本の食糧危機に備えて!中国と米国のせいで「日本の食」が超ヤバイ裏話。中国が食糧を買い占めと日本農業の真実と、学校給食で子どもがヤバすぎる【 食糧危機 日経平均 都市伝説 備蓄 食の戦争 】

日本の食糧危機を東京大学の鈴木宜弘教授が警告 中国と米国のせいで、日本の農業が超ヤバい裏話 中国による世界の食料の買い占め、異常気象やウクライナ情勢や世界的な肥料不足で、「食糧危機に備えて」は都市伝説ではなく現実です
日本 で普通にホームセンターなどで売っている農薬の中には超危険なモノもある裏話(犬の散歩は気をつけて) 子どもがターゲットになっている!? 例えばゲノム編集(遺伝子組み換え)トマトが学校給食に出される
日本の食料自給率の裏話 野菜は80%が国産だが、その種はほとんど海外から買っている真実(種が止まれば自給率は8%になる) 自民党が農業を変えたくない裏の理由とは?

リンやカリウムなどの肥料は100%輸入しているが、現在は中国が売ってくれない、、 ウクライナやロシアも化学肥料原産国で、来年は肥料がなくなる?(近代農法では肥料がないと無理)

戦後、日本の農業はアメリカに弱体化されてきた アメリカの余剰生産物で食べて行けば良いという方針で、例えば給食ではアメリカで余った小麦と脱脂粉乳など

教授によると「まともなことを言う官僚」は、みんなクビになった!?

【悲報】あと数ヶ月で「日本は食糧危機になる」超ヤバい裏話。逆に中国が食糧を買い占めと肥料不足になった都市伝説がヤバい

#日経平均
#食糧危機
#都市伝説
食糧危機 日経平均 都市伝説 備蓄 食の戦争 値上げ 異常気象 ウクライナ情勢 日本