更新情報
経済

第143回 【新1万円札の顔】日本の資本主義の父に学ぶ「お金稼ぎの本質」について解説【論語と算盤】【人生論】⇛反応がこちら

00:00 intro
00:21 今日の話題:渋沢栄一さんと著書『論語と算盤』の教えについて解説
02:46 渋沢栄一さんってどんな人? ココがやばい5選
03:55 └①天才教育を受けた幼少期
04:32 └②農民でありながら武士に
06:17 └③討幕失敗から、まさかの幕臣に昇格
07:19 └④新政府からのスカウトで大蔵省へ200もの改革を行う
08:42 └⑤500以上の会社を起こし日本の資本主義の父へ
10:13 日本の資本主義の父に学ぶ「お金稼ぎの本質」
10:40 └①大きな成功より大事なことは道を踏み外さないこと
11:50 └②金銭を卑しむな。尊い仕事はいたる所にある。
13:39 └③蟹穴主義が肝要
14:53 └④仕事を趣味として取り組む
16:10 └⑤金儲けの上手い人を目標にするな
17:38 └⑥専門的な能力を身につけよ
18:38 └⑦成功と失敗を超えていけ
20:13 まとめ:「良い人生だったなぁ」と思えるように、誠実に行動していきましょう!

について解説しています。

みんなの意見

・すごい人で終わらさず、自分もこう有りたいと思って日々行動します。

・渋沢栄一翁の名言に「四十、五十は鼻垂れ小僧、六十、七十は、働き盛り、九十になって迎えが来たら、百まで待てと追返せ」という人生百年時代を予言するような言葉を残しています。
社会貢献活動をしながら、人生を心豊かにすごしていく、学長、素晴らしい動画をありがとうございます。

・大河ドラマで渋沢栄一が「志が高くても懐が温かく無いとうまくいかない」(セリフ正確でないかも)が印象に残ってます。

・渋沢栄一さんの行動力もさることながら、当時の日本政府のベンチャー魂感が凄すぎる。

・渋沢さんの行動力からいろいろと学ぶことができますね!
お金を愛し、愛される人になりたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へランキング