更新情報
コラム

ジョブ型雇用で遠くない未来サラリーマンは消滅するらしい・・・。

 

ジョブ型雇用で20年後、日本から「サラリーマン」は消滅する

 

日本の昔ながらの雇用制度は崩壊し、アメリカ型のジョブ型雇用がついに日本でも始まる。弁護士で国際経営コンサルタントの植田統氏の新著『2040年「仕事とキャリア」年表』からの抜粋で、すでに限界を迎えた日本のメンバーシップ型雇用の問題点と、アメリカで採用されているジョブ型雇用とはどういったものかを解説していく。 ソース:https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/478358352dc8…
Generated by
Mj

 

要約

・日本型雇用は限界、 「ジョブ型雇用」の時代へ
今から20年後には、日本から「サラリーマン」が消滅します。
・必要なのは「サラリーマン」から 「プロフェッショナル」への切り替え

記事の反応

・少なくとも欧米並みの解雇規制緩和とセーフティーネットの拡充をしてからでないと、ジョブ型雇用は普及できないでしょうね。

・働き方は自由度があっていいと思う。
ジョブ型に伴う給金上昇も、あっていいと思う。

・そうしないと競争に負けて貧しくなるでしょうけど、日本はできないと思いますよ
日本では所属企業はその人の社会階層であり評価です

・新卒採用、大学での学び方が変わらないと、ジョブ型が上手く機能するとは思えないけれど、
この著者みたいに煽る人が増えて、感化された会社がコンサルに無駄な大金払って、こぞってジョブ型に移行しようとしてきているのは事実です。

・ジョブ型雇用なんて、うまくいかないだろうな。
富が偏在し格差が拡大することだけは確かだと思うが。

まひる
まひる
日本では難しいよね。
最近急にジョブ型雇用の記事増えたような気がする・・・。
我々のような底辺はジョブ型もクソも関係ないけどね・・・。
FIREを目指す民
FIREを目指す民

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へランキング参加してますよろしかったらポッチッとお願いします。