更新情報
コラム

結婚する男女の激減した日本の末路とは?

 

Yahoo!ニュース
「結婚する男女の激減」が招く日本の恐るべき末路(東洋経済オンライン) – Yahoo!ニュース

 

 いま、日本の婚姻数(結婚するカップルの数)が激減しています。2020年の婚姻数は戦後最少の52万5490組でした。そして、2021年はさらに大幅に最低を更新する見込みです。
Generated by
Mj

 

要約

・2020年の婚姻数は戦後最少の52万5490組、そして、2021年はさらに大幅に最低を更新する見込み。
・原因としては出会いの機会もコロナで激減したため。
・このままいけば22世紀のどこかで日本は消滅。

記事の反応

・共働きが大前提のような社会のくせして、共働きだと税制優遇も少ないし結婚の利点はほとんどない。
しかも、社会や設備、道具が発達したおかげで家事については拘らなければ最低限はどうにかなる。

・奨学金をどうにかしないといけないよ。
Fラン進学のために奨学金借りて大学行った分社会に出るのが遅くなって結果結婚も遅くなっていくだけ。

・周囲の同調圧力が無くなり、結婚するもしないもその人の勝手、子供作るも作らないのもその人の勝手、というのを放置してればこうなるのは当然。

・そうやって庶民にばかり負担を押し付ける前に老人達への過剰な医療と自分達への過剰な手当補助をなくしてから言ってほしい。

・恋愛離れが加速化し別に彼女や彼氏がいなくても平気と考える若者も多いと聞く。なんでも異性といることが面倒なんだとさ。

まひる
まひる
個人的にはもっと激減すると思われますね。
出会いもないし積極的に出会おうと思わない。
お金もないって感じだからね。
離婚やDINKS希望者も増えているのでさらに少子化は加速するでしょう。
FIREを目指す民
FIREを目指す民

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へランキング参加してますよろしかったらポッチッとお願いします。